Mission ARM Japan*10月定例会&体験会「新Webサイトの進捗報告」のレポート

Mission ARM Japan10月の定例会は、上肢障がいの情報や当事者の声を発信していくJAM@magazineの進捗状況をご報告させていただきました。

自己紹介に続き、JAM@magazineのサイトのプレゼン!

 

 

そのあとは情報共有の場としてのおなじみの交流会!
・HACKberry体験会
・HACKberry短断端ソケット作製の打ち合わせ
・幻肢痛当事者同士の近況シェア
・肩離断者用の肩パッドの話し・・

 

 

 

近くで話している人の声が聴こえなくなるくらい盛り上がっていました。

10月で外はだんだん秋も深まって来たというのに、室内は熱気で暑いぐらいでしたね!

当事者同士が集まるからこそ、たくさんの話題が飛び交う場になってきました。
ここにしかないコミュニティの場をこれからも作っていきます!!

 

参加者の感想

《初参加の方から》

  • 貴重なお話をたくさん聞くことができました。自分自身上肢の方と直接お会いするのは初めての経験だったので、日常生活でされている様々な工夫や様々な義手を見ることができて興味深かったです。
  • exiiiの方のお話や、小児の義手を初めて見たりできたので、とても面白かったです。また行きたいです!(義肢装具士学生)
  • 今回、初めて参加させていただきましたが、とても有意義な時間を過ごせました。ありがとうございます。皆さん義手が必要な方で私とは内容が違いすぎるので、とまどってます。(・・・肩パッドについてお聞きしたいとご参加くださった当事者さんですが、肩離断者以外にも必要とされている方がいらっしゃることを知り、現在研究中の肩パッドの開発チームに報告させていただきました。)

 

《今回のプレゼン情報発信Webサイトについて》

  •  祝!HP開設!!これからもっとMAJが盛り上がって、もっともっと義手や障害に対する認知が広がってくれたらいいです!
  • 今日は、いつもそうだけど、アットホームな感じで特に良かった。LINEの方も楽しそうで期待しています。

 

《リピートの方から》

  •  楽しい!いろいろ勉強になった。
  • 毎回何もしていませんが、今回も特に何もしていませんが、それでもイヤな顔をされないので居心地イイなぁと思います。最近少し太りました。

 

《幻肢痛について(定例会前に幻肢痛緩和プログラムの体験会を開催)》

  • 改めて話を聞いてみて幻肢痛はやはり不思議だと思いました。LINEで気軽に情報交換できたら良いですね。
  • 幻肢痛緩和VRが体験でき興味がわきました。また後半のグループでの話でも互いの状況がわかり、楽しく話すことができました。有意義だったと思います。

 

集合写真と いぶき君(去年と比べてお兄ちゃん顔になった気がする〜!)

 

img_1027

 

 

 

 

 

 

 

©copyright Nonprofit Organization. Mission ARM Japan All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?